認知症治療研究会設立趣意書

現在、我が国は世界一の超高齢社会を迎え、未曽有の大量認知症患者時代を迎えようとしております。
昨年の厚労省の調査でも、既に462万人の認知症患者、予備軍の方でも400万人と発表されました。まさに予想を絶する激増ぶりです。

 医療においては世界中で根本治療薬、ワクチン等の開発に取り組んでいますが、未だ確実な開発の見通しは立っていません。
また、認知症の病型にしても、アルツハイマー型(以下ATD)、レビー小体型(以下DLB)、前頭側頭葉変性症等明確に区別できる患者は少なく、しかもATDからDLB症状に変わってゆく、あるいはDLBに前頭葉症状が加わってくるといった変容を示す患者も少なからずおられることが臨床の世界でわかってきました。

 このような現状の中で我が国がこの問題を克服していくには、今まで認知症を専門にしていなかった医師にも積極的に認知症を診て頂くこと、また、認知症臨床で得た有益な知識を認知症臨床に携わる全ての方に共有して頂き、全国で認知症の最新医療が受けられるようにすることが大切だと考えております。以上のことを行うためにこの度、認知症の治療に特化した研究会を立ち上げる決意を致しました。

 私は、認知症治療を行うに際しベースとなるものは名古屋フォレストクリニックの河野和彦医師が体系化したコウノメソッドが良いと思っています。河野先生は30年以上認知症治療を専門に行っており、年間に新患1,400名以上の患者を診ていらっしゃいます。その試行錯誤の中で真に有効と思えるものだけをメソッドにしています。

 このコウノメソッドをベースに多くの認知症臨床に携わる方々からさらに情報を集積し、その最新情報をまた看護師、薬剤師といったコメディカルの方々、ケアマネージャー、介護士といった介護関係の方々と共有できれば、多くの認知症患者さんが最期まで在宅で生活できる社会が実現され、我が国の認知症問題は解決できると確信しております。

 是非、上記趣旨をご理解頂き、認知症医療に関心を持つ一人でも多くの方が入会されることを切望致しております。

平成26年2月吉日
各  位
認知症治療研究会
代表世話人 堀 智勝